転職

資格を取得しておくと転職活動で有利になる理由

更新日:

キャリアアップ、転職をするうえで、資格取得は大きく役立ちます。

しかし、今日では「資格よりも実務経験だ」「資格はそれほど価値がない」という意見も多くきかれます。ですが、実際のところ資格取得は転職に有利になります。その理由を説明しましょう。

資格は転職で有利になる

求職者側ではなく、採用する企業側に立って考えてみましょう。

面接前に書類選考をするとき

転職活動にはずせないのが書類選考。履歴書や職務経歴書を送り、面接までつなげることが大切です。履歴書には「所持資格」について書く欄がありますよね?

給料など待遇・仕事条件が良い募集ほど応募者が増えるわけですが、応募者が多ければ多いほど比較されるわけです。所持資格欄に書いてある人と空白の人...採用担当者はどちらに目が留まるでしょうか?もちろん、書いてある人ですね。

ただし、所持資格を何でも書けばよいわけではありません。履歴書は、「その人が戦力になるかを見極めるためのツール」です。つまり、その企業で役立たない資格を書いても評価されることはありません。その企業で働くうえで、使える資格を書くことで初めて評価される点に注意しましょう。
また、取得はしていなくても、その企業で働くうえで使える資格を勉強しているのであれば、勉強中の資格についても書くべきでしょう。「※現在、○○検定合格に向けて勉強中」というように書けば、働きたい意欲が伝わりますよ。

選考の最終段階で迷ったとき

求人情報を見ると、「資格不問」という条件をよく見かけます。しかし、本当に資格を取得していなくても、採用されるのでしょうか。この場合、企業は多くの転職希望者と会ってみたいと考えている場合が多いようです。
つまり、「人物重視」の採用であることは間違いないにしろ、資格取得をしていることで、その企業の戦力になると判断されれば有利に働きます。人物がとても優れており働く意欲が同じような採用候補者が何名かいた場合、即戦力になる転職希望者を採用するでしょう。

資格よりも実務経験が重視されるのは事実

資格は、働くうえで優位になる場合、一定の評価を受けることでしょう。しかし、実務経験に勝るものありません。実際、資格取得者よりも同業種での実務経験者の方が、企業にとっては即戦力になると判断される傾向があります。

  1. 実務経験とずば抜けた実績があるが、資格はない
  2. 実務経験があって、資格もある
  3. 実務経験があるが、資格はない
  4. 実務経験はないが、資格がある
  5. 実務経験も資格もない

こういう順序になります。「資格はそれほど価値がない」は言い方を変えれば、「資格があると多少の価値がある」と表現できます。資格取得に向けた努力を惜しむか惜しまないか...これは個人の価値観によりますが、筆者は資格取得をおすすめします。

資格は転職活動で有利になる理由まとめ

 
使える資格を所持していることをアピールすることで、優位に転職活動を進めることができます。「資格不問」の求人でも、資格を取得していることは、必ず評価されるでしょう。また、異業種に転職する場合は、同業種での実務経験が無いぶん、「働きながら転職に向けて資格取得の勉強をしていた」という点をどんどんアピールしていきましょう。

-転職
-

Copyright© コレカラ , 2020 All Rights Reserved.