資格

福祉住環境コーディネーター検定とは、どんな資格?

更新日:

高齢者などに快適な生活を送れるよう、住環境をコーディネートする福祉住環境コーディネーター。年々注目度が上がってきており介護業界のみならず、不動産業界や建築業界でも注目を集めています。福祉住環境コーディネーター検定について紹介していきましょう。

福祉住環境コーディネーター検定とは、どんな資格?

福祉住環境コーディネーター検定は、東京商工会議所が主催する民間資格です。1級から3級まであります。

福祉住環境コーディネーターの主な就職先

福祉住環境コーディネーター検定に合格すると、様々な業界への就職が有利になります。老人ホームなどの介護施設はもちろんのこと、不動産業界や建築業界での就職も優位に働きます。高齢期を迎えた人たちが住環境について考えた場合、バリアフリーに富んだ部屋にリフォームすることが大半ですし、高齢者向け住宅の建設もラッシュを迎えています。そのため多くの、不動産会社や建築会社が、福祉住環境コーディネーターを必要としているのです。

どんな仕事をするのか?

高齢者の自立した暮らしを保つことは社会的責務で、高齢者の住環境を整える仕事が大きく注目されています。そんな高齢者に対して、快適な生活を送れるよう住環境をコーディネートすることが、福祉住環境コーディネーターとしての大きな役割なのです。身体が不自由な高齢者も多くいるため、バリアフリーの知識も必要になってきます。

福祉住環境コーディネーター・資格検定の難易度

福祉住環境コーディネーター検定は、それほど難しい検定ではありません。マークシート方式で合格ラインは7割以上です。3級の合格率が約60%前後、2級の合格率が約40%前後という結果が出ています。

時間を上手く使って効率よく勉強を進めることができれば、6ヶ月以内で2級の合格を目指せます。また、実務経験は不要ですので、異業種で仕事をしている場合でも、問題なく受験することができます。福祉業界では数少ない実務経験不要の検定ですので、取得しておいて損はないのではないでしょうか。

勉強法

福祉住環境コーディネーター検定は、独学で合格を目指すという方法が一般的です。試験内容自体はそれほど難しくなく、過去問や公式テキストを使用すれば、充分と合格を狙うことができます。確実に合格を目指したい場合には、スクールに通ったり、ユーキャンなどの通信講座を受講するという方法もあります。

-資格
-,

Copyright© コレカラ , 2020 All Rights Reserved.