資格

社会福祉士とは、どんな資格?

更新日:

高齢化社会が進む昨今、とても注目されている社会福祉士。

福祉制度などの知識をもとにアドバイスする社会福祉士の資格について紹介していきましょう。

社会福祉士とは、どんな資格?

『社会福祉士』は、国が指定した国家資格です。名称独占資格であり、「社会福祉士」と名乗るには、社会福祉士国家試験に合格しなければなりません。

社会福祉士の主な就職先

『社会福祉士』の主な就職先は、福祉施設です。福祉施設には、老人ホームなどの介護福祉施設、障害者支援施設、児童施設などがあります。

現在の日本は高齢化社会であるため、介護福祉施設などの需要はとても多く、今後ますます成長することでしょう。

したがって、『社会福祉士』の需要もこれからさらに上がり、将来性がある資格と考えられます。

また、介護福祉士と情報共有する場面も多く、福祉サービス受給者はもちろんのこと、職場内の人間関係も良好に保たなければいけません。

ちなみに、介護現場での仕事は介護福祉士が行い、力仕事を社会福祉士が行うことはありません。

どんな仕事をするのか?

『社会福祉士』の主な仕事内容は、『福祉を必要としている人に対して、尊厳保った暮らしができるよう、カウンセリングや助言などを通して支援する』というものです。

コミュニケーション力が求められ、福祉制度などの知識をもとにアドバイスをしていきます。

資格を所持していなくても業務を行うことができますが、『社会福祉士』の資格を持っていることで社会的信頼は大きく増します。

社会福祉士・資格試験の難易度

『社会福祉士』の合格率は30%未満と難易度はけして易しくありません。

勉強範囲はとても広く要点をつかむことも難しいため、スクールなどに通って勉強する方法が一般的です。

しかし、通信教育のユーキャンなどは自宅学習での合格実績が多々あり、時間に余裕があり効率よく勉強すれば、約7ヶ月以内で合格できます。

決して簡単に取得できる資格ではないですが、資格を取得することで「福祉のプロフェッショナル」とみなされ、社会的信頼を得ることができます。

高齢化社会が続く日本では、現在はもちろん将来性も抜群な資格と言えます。

社会福祉士の受験資格

『社会福祉士』の受験試験を得るためには、福祉系の4年制大学を卒業していなければなりません。

しかし、福祉系の短期大学を卒業すれば、実務経験を2年以上行うことで受験資格が与えられます。

また、福祉系以外の大学を卒業した場合には養成施設に1年通うことで、福祉系以外の短期大学を卒業した場合は養成施設に1年通い実務経験を2年得たうえで受験資格が与えられます。

-資格
-,

Copyright© コレカラ , 2020 All Rights Reserved.