資格

中国語検定とは、どんな資格?

更新日:

中国や韓国からの爆買い客も今では当たり前になりましたが、中国というのは日本にとって非常になじみのある国なのではないでしょうか?

中国語検定

中国は、ビジネスにおいては欠かすことのできない存在であるといっていいでしょう。だからこそ、中国語検定というものが注目されているのです。

中国語検定は、どういう資格か

中国語関連の資格にはいろいろあるのですが、その中でも中国語検定というのはもっとも知名度のある資格になります。しかも、国家試験ですので信頼度も高いのです。

準4級から4級、3級、2級、準1級、1級とあるのですが、ビジネスに活用するには2級からとよく言われるものです。しかしながら、中国語が求められる今の時代だからこそ就職においては3級や4級でも十分に差別化できるでしょう。

準4級~1級のレベルと目安勉強時間

準4級は中国語の勉強を進めていくための基礎知識を確認するレベルで、勉強時間としては60時間から120時間ほど必要になります。準備確認のようなものなので、スキップしても大丈夫でしょう。

4級は簡単な中国語を聞くことと話すことができるというレベルで、勉強時間としては120時間から200時間ほど必要になります。

3級は基本的な中国語の読み書きと日常会話、応用力が求められるレベルで、勉強時間としては200時間から300時間ほど必要になります。

2級は仕事で中国語業務の一部を任せられるレベルで、勉強時間は300時間から400時間ほど必要になります。

準1級は中国語業務をある程度任せられるレベルで、勉強時間は400時間ほど必要になってくるでしょう。

1級は中国語業務を完全に任せられるレベルで、勉強時間は500時間以上は必要になるでしょう。

中国語検定とHSKの違い

中国語検定とHSKの違いですが、これは求められている能力が異なります。中国語検定では読解や聴解、翻訳能力が求められるのですが、HSKでは中国語の運用能力のみが求められます。

中国語ができるとなぜ転職・就職に有利なのか

中国語ができると、さまざまな業界への就職で有利になります。多くの地域で公用語として使われているからこそ需要がありますし、中国ビジネスに力を入れている企業も多くなっています。だからこそ、求められますし、有利になるのです。

どのような業種・職種に有利になるか

転職や再就職をしたい方にとってありがたい中国語検定ですが、特に観光業や教育関連の仕事で有利になります。翻訳や通訳などであれば、業種や職種に関係なく多方面で活躍できるでしょう。

-資格

Copyright© コレカラ , 2020 All Rights Reserved.