資格

ウェブデザイン技能検定とは、どんな資格?――ネット当たり前の時代だからこそ

更新日:

仕事でもプライベートでもウェブというものが欠かせない時代になりました。ウェブに強ければ強いほど、今の時代をうまく乗り越えていくことができるといってもいいのではないでしょうか?こういった時代背景の中で注目されているのがウェブデザイン技能士という資格なのです。

ウェブデザイン技能検定とは、どんな資格か?

「ウェブデザイン」という言葉を見聞きすると、どうしても「描く」イメージが強いという方も多いのではないでしょうか?しかしながら、ウェブデザイン技能士では何も描くだけではなく、サイト制作のために必要とされる技術的な知識を学んでいくことができます。国家検定となっておりますので、信頼度の高い資格でもあります。

仕事にも活用できる場面

ウェブに関する仕事をしている方、これから仕事をしようと思っている方にとっても役立ってくれる資格です。手に職をつけるためにゼロからウェブデザインを学びたいという方はもちろん、子育てなどと並行して在宅ワークをしたいという方にとっても仕事を得やすくしてくれるでしょう。特に、ウェブデザイン技能士の資格を取得して、ネット業界に転身すると在宅業務をスタートさせやすくなりますので、働き方にも幅が出てきます。

私生活で役立つ場面

ウェブデザイン技能士は、私生活でも役立ってくれます。というのも、今の時代、ご自身のブログやサイトを持っている方も多いのではないでしょうか?ウェブデザイン技能士の資格があれば、そういったものをより充実させていくことができるのです。

何を勉強するのか

ウェブデザインやシステム構築、セキュリティー対策をはじめ、ウェブサイトの利用や設計、制作、運用に関する知識とスキルを勉強していくことになります。デザインだけではなく、作業環境なども勉強していくことになりますので、勉強する範囲はかなり広めです。

ウェブデザイン技能検定の難易度

難易度はやや高いといったところです。もともとウェブに関する知識がある程度土台として用意できているという方であれば、独学でも可能です。実際に、1か月ほど勉強を続けて合格しているという方もいます。ただ、ウェブに関する知識やスキルがまったくない状態からスタートさせる方は独学では難しいでしょう。指導してもらったほうが早いので、セミナーや講座などを利用して勉強をしていったほうがいいでしょう。

-資格
-,

Copyright© コレカラ , 2020 All Rights Reserved.