資格

登録販売者とは、どんな資格?

更新日:

医薬品販売の専門家として活躍できる「登録販売者」という言葉を見聞きしたことのある方も多いのではないでしょうか?

求人情報誌などを見ていても「登録販売者の資格を持っている方、歓迎!」といった記載は多いものです。

登録販売者とは、どんな資格?

ここでは、登録販売者という資格についてお話ししていきましょう。

どういう資格か

登録販売者という資格は、国家資格になります。そのため、資格としての信頼度は非常に高いと言えるでしょう。

2015年からは実務経験や学歴を問わず、誰でも受験できるようになりました。

一般用医薬品の販売は、もともと薬剤師にしか認められていませんでした。

しかしながら、その一部を販売できるようにということで登録販売者の資格が認められるようになりました。

登録販売者取得者の主な就職先

知名度はあるものの、需要に対して供給が足りていない状態ですので登録販売者は就職において有利になります。

近場のドラックストアなどでの時給の高い雇用を狙うこともできますし、ドラッグストア以外にもコンビニやスーパー、ディスカウントストア、家電量販店など一見医薬品とは関係のないようなところでも活躍することができます。

「医薬品を取り扱いたいけど資格所有者がいないから取り扱えない」というところも多いものです。

そういたところでは他の人よりも高い時給やお給料を払ってでも雇いたいと思ってもらえるものです。収入アップも目指せるでしょう。

何を勉強するのか?

登録販売者の資格を取得するためには、いろいろなことを勉強することになります。

医薬品の特性や基本知識、人体の働きと医薬品について、主な医薬品とその作用、薬事関係の法規や制度、医薬品の適正な使用、安全対策など幅広い分野の勉強をしていくことになります。

医薬品の販売にあたっては医薬品そのものについてだけではなく、薬事法なども理解しておかなくてはならないのです。

登録販売者の難易度

登録販売者の資格取得における難易度ですが、やや難しいといったところでしょうか。

全国平均では合格率は50%前後といわれていますので、しっかりと勉強していけば十分に資格取得を目指していくことができます。

勉強時間としては100時間から150時間くらいを目安にしておくといいでしょう。

勉強のしにくさというものはあるもののテキストや過去問を活用することによって、独学でも十分合格を目指していくことができます。

登録販売者の試験概要

 試験内容

試験問題数は、各試験項目において必要となる知識の分量に応じて、偏りが生じることがないよう、問題数を割り当てることとする。

また、試験時間については、原則として試験問題数に応じたものとする。

医薬品に共通する特性と基本的な知識 20問 40分
人体の働きと医薬品 20問 40分
主な医薬品とその作用 40問 80分
薬事関係法規・制度 20問 40分
医薬品の適正使用・安全対策 20問 40分

合計120問・240分

 出題形式

択一式試験(四肢択一)

 合格率

受験者数:49,864名
合格者数:22,901名(合格率45.9%)
※平成27年12月31日

公式公益社団法人 全日本医薬品登録販売者協会

-資格
-

Copyright© コレカラ , 2020 All Rights Reserved.